ワキガかも知れないと悩む女子へ、ワキガ診断方法とワキガ対策を教えます

もしかしたら私ってワキガかもしれない、なんて思ったことはありませんか?

自分の体の匂いってなかなか分かりづらいですよね。また周りの人も本人に「ワキガなんじゃないの?」とは言いづらいですし、もしかしたらご自身の体の匂いに気づいていない方もいらっしゃるかもしれません。

一方で、ご自身の体臭を気にするあまりごく普通の汗の匂いでもワキガだと悩まれている方も多いのです。

そもそもワキガとはどういった状態なのでしょうか。

アポクリン腺から分泌物が過剰に分泌し、肌の表面にいる細菌に触れることにより強い匂いを放つ状態をワキガと言います。

これがあったらワキガを疑うべし!

①耳垢が湿っている。

耳垢には乾いた耳垢の人と湿った耳垢の人と2種類の状態があります。耳にあるアポクリン腺分泌物によって耳垢が湿ります。俗に言うアメ耳やネコ耳のことです。

なんとワキガの人のほぼ全員、耳垢が湿っているのです。とういことは耳垢が湿っていない人はワキガの可能性は極めて低い低いということになります。

また、耳垢が湿っていてもワキガではない場合もあります。

②両親のどちらかがワキガである。

実はワキガは遺伝しやすく、両親のうちどちらかが湿った耳垢、もしくはワキガである場合、残念ながら高確率で子供もワキガということになってしまいます。

一度ご両親の脇の匂いをこっそりチェックしてみてください。

③服の脇の部分が黄ばむ。

汗をかくと人間は誰しも服に汗じみができますが、ワキガの人は脇の部分が黄色く黄ばむのが特徴です。さらにワキガ特有の強い匂いが服に染み込み、これらは洗濯機で洗っても落ちません。

これもワキガの原因であるアポクリン腺分泌物によるものなんです。憎きアポクリン腺分泌物!ですよね。

ワキガが強い場合、洋服が1日でダメになったなんてこともあるんです。なんせ匂いが洗濯で取れないので、その服を着てさらに汗をかくとダブルで凄まじい匂いに変化してしまうのです。

これらの特徴に当てはまった人はワキガの可能性があります。しかし、普段使用されている制汗剤などの成分によっても同様の変化が起こる場合がありますので、気になる方は一度やめてみても良いでしょう。

最後にワキガを軽減させる方法をご紹介しますね。

ワキガを消す方法

①殺菌作用のある石鹸を使用する。

当たり前といえば当たり前なのですが毎日体を清潔にすることがワキガを軽減させる第一歩です。アポクリン腺は脇や耳の中、乳輪、隠部に多くあるので、その部分を特に清潔にしてあげて下さい。ただ、デリケートな部分でもありますのであくまでも優しく洗って下さいね。

さらに脇毛などのムダ毛処理を行うと脇が乾燥するのでワキガ対策になります。脱毛や除毛など今はいろいろな方法があるのでご自身に負担のない方法で清潔を心がけて下さい。

②清潔な肌にワキガクリームを塗るべし。

先程、脇を清潔にするよう話しましたが、清潔にしたあと何もせず放ったらかしにしていては意味がありません。脇を綺麗に洗ったらすぐにワキガ専用のクリームを塗って下さい。そうすることで、ワキガの発生が抑えられます。

オススメは夜のお風呂あがりにワキガクリームを塗り塗り。起きた時にもワキガクリームを塗り塗り。このように朝晩2回ワキガクリームを塗ることで大幅にワキガ臭が軽減されます。

汗をかきやすい夏場は朝や日中、一度脇の汗を拭き取ってからワキガクリームを塗ると良いでしょう。

③食事を見直そう。

普段食べている食事もワキガを酷くさせる原因があります。高カロリーな食べ物やタンパク質の多い食べ物が体臭の原因となることも。健康的な食事をとるよう心がけてみて下さい。

ワキガは人によって程度は様々です。まずは一度上記をお試しください。それでもまったく匂いが軽減されない場合はワキガの手術という方法もあります。

しかしながら、ワキガの方はもともと汗をかきやすいという体質も関係していますので、ストレス対策を行ったりリラックスすることを心がけて下さいね。